ポケモンGO攻略マガジン|Pokemon GO情報まとめ

まさに社会現象!?スマホゲーム「ポケモンGO」の攻略情報を掲載しています!攻略情報はもちろん、裏ワザも公開していきます。 記事は毎日更新されていくので、ぜひ毎日チェックしてね!

    いよいよ、ポケモンGOの配信開始が近づいてます!
    それにあわせて、じわじわと期待が高まっているようで、ツイッターではポケモンGOの話題で盛り上がっているようです。

    一部をご紹介しましょう!

    「ポケモンGOが配信されたら」で検索をかけてみると、多数ヒットします。
    なんだか微笑ましいですね〜。
    ※電車の中では、移動に時速10km以上のスピードが出るので「歩行」扱いにならず、遊べません。
    運動不足の人には、ポケモンGOはすばらしく最適かもしれません。かくいう、私も。歩くぞー。
    えぇ・・・(困惑)
    将来の夢YouTuberのさらに先を行きますね・・・。
    これにはフフってなりましたね(笑)
    ポケモンGOのついでに犬の散歩、なるほど。
    「日本人にポケモンGOを与えた結果がこれだよwwwww」みたいなスレも立つんですかね。
    歩きながらスマホを触ることになるので、子どもちゃんには確かにちょっと危ないかも。車を運転する方もより一層気をつけないと。車のたいあたりがきゅうしょにあたった!は笑えないです。
    こちらも同じく、ポケモンGOによる事故を心配する声です。株をやっている人もタイミングが大切なので、こういった情報にも敏感ですね。
    おたく狩りという言葉自体久々に聞きました。死語のような気もするんですが・・・^^;
    ただでさえ歩きスマホが問題化している時代ですからねー。Ingressはポータルと呼ばれる、アクションを起こせる場所が決まっているので、そこで立ち止まることが多いのですが、ポケモンGOは動き回ることが前提のゲームなので、そこらへん大丈夫ですかね〜。日本のユーザー頼みましたよ〜〜。
    先生も一緒にポケモンを狩ろうぜ!
    ジムリーダーになるための学校そのうちでてくるかも(適当)
    朝10時予定らしいです。最初のころは、16日(土曜日)なんじゃないかとも言われていたのですが、ちょっと短くなったのかな?楽しみですね〜。
    場所や、地域に基づいたカスタマイズってされているのかな? ポケモンセンターとかご当地で特別なポケモン発生とかだったら面白いよね。やりそうだけど。
    ひいぃ....
    スマホでポケモンGOに夢中になっている子どもが、気づかずに車にはねられてしまうのではないかと心配する人、結構います・・・。事故にならなければ良いのですが・・・。
    チャリ・・・!なるほど。
    これこれ。実は、海外では実際に問題になってしまっています。高速道路の車をとめてまで、現れたレアポケモンをゲットするために群衆ができる、というデマが流れるくらい。高速道路のくだりはデマらしいですが、実際に立ち入りが許されていない場所でも人が押し寄せてしまっているケースが多発しているのだとか。
    学校にはケータイ持ち込み不可だったのが懐かしい・・・。今の子どもたちは小学生でもスマートフォンを持っているそうですが、学校に持ち込んだりしているのかな?さすがにないか。
    ちゃんと周りを見ようね!!!
    お気持ちはわかりますが....!!
    受験生にはちょっと辛いね。塾や学校までの移動を有効活用すれば・・・!
    はい、世界中ですごいことになってます。
    ピカチュウほしいよね!私もほしい!


    いや〜、盛り上がってますね〜!
    配信が待ち遠しいです!

    米国でリリース直後から爆発的な人気をみせている、「Pokémon GO」
    数日たった今でも、まったく勢いは衰えることなく、どんどん人気は高まっています。

    あまりの人気に、アメリカでは人々の生活を大きく揺らがす結果となっています。肥満が解消されたり、引きこもりが改善したり・・・歩いてこそなんぼのゲームですからね!

    さらには、高速道路を走る車を止めてまでポケモンをゲットしようとする人々
    がいるというデマが流れたり、観光地や聖域に無断で立ち入って怒られちゃうケースも出ているのだとか。


    top

    そんなポケモンGOですが、一体どんなゲームなのかといいますと、簡単に言えば、AR技術を活用して現実世界でポケモンをゲットするゲームということになります。

    また、”ポケモンの卵”がドロップすることもあるのですが、このポケモンの卵が結構ツワモノでして、ふ化させるために時速10km以下で10km移動する必要があるというのです。

    楽してふ化させるべく、人々は色々かんがえるわけですね。



    まず最初に考案されたのが、スマホを空飛ぶドローンに装着して、飛ばして移動距離を稼ぐ、というもの。ドローンであれば、時速10km以下で飛ぶことが可能ですから、ふ化にかかる手間を大幅に削減することができて、マイスマッチングというわけですね。

    s01_m


    一方、日本のユーザーからは、スマートフォンをプラレールに乗せて動かせばいいんじゃないという方法が考案されました。

    プラレール


     ーそして、ビジネスにもなっているのです。


    55


    それがこれ。代歩行サービス「pokewalk」です。

    仕組みはとっても簡単。
    ユーザーに代わって、pokewalkの従業員がスマートフォンを持って、ユーザーが購入した距離分だけ歩いてくれるというわけ。気になるお値段、2kmで10ドル(約1000円)、5kmで15ドル(約1500円)、10kmで20ドル(約2000円)。

    これに対し、ネットユーザーからは、「あほくさい」「仕事はやすぎ」「ついにニート大活躍の時が来た」などの書き込みがなされています。
    ちなみに、プラレールの上で走らせて距離を稼ぐという方法。これは恐らくうまくいかないでしょう。なぜならば、ポケモンGOアプリはGPSから得られる位置情報を利用しているためです。
    また、位置情報と時間から移動距離を割り出しているため、時速10km以上でスマホを移動させた場合、判定されないことがわかっています。

    ドローンを使った手法は、高度が判定の基準にはならないので、うまくいきそう・・・!

    ていうか、歩こうよ!!




    ポケモンGO攻略マガジンへようこそ!

     04

    当サイトでは、大人気位置情報連動型スマートフォンゲーム『ポケモンGO(Pokemon Go)』に関する情報をまとめて、幅広くみなさんにお届けする攻略情報サイトになります♪
    私自身、初心者なので、わからないことがたくさんありますです。
    みなさんと一緒にポケモンの世界を楽しみながら攻略していけたらと思います。


    ・おうちの方へ

    当サイトはゲームの内容と年齢層に相応しい表現を徹底することをポリシーとしています。
    電車の中で見ていただいても恥ずかしくないサイトです。
    小さなお子様でも安心して閲覧していただけるようなサイト内容となっています。

    アドネットワークの性質上、配信される広告の内容すべてを検閲することは難しいですが、極力卑猥・過激な広告は配信されないよう最大限の配慮を行っています。



    当サイトはリンクフリーです!
    そして、相互リンク・RSSの交換のお誘いいつでもお待ちしております。ポケモンGO以外のゲームを取り扱っているサイト様でも、喜んでお受けいたします。
    お問い合わせフォームから、お気軽に相談いただければと思います。



    サイト名 :ポケモンGO攻略マガジン

    URL :http://pokemongo-mag.com/

    RSS :http://pokemongo-mag.com/index.rdf


    Twitter :@pokemongo_mag

    twitter


    ぜひ、フォローお待ちしています♪



    ○免責事項

    このブログにて紹介、使用しております画像や動画、引用文それぞれの著作権は各権利所有者に帰属します。肖像権及び著作権、知的所有権等を侵害する目的はありません。何か、不具合や問題がある場合には、お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡くださいますようお願い申し上げます。速やかに対処させて戴きます。

     

    このページのトップヘ